Rave Un2 The Joy Fantastic ! 3.1

まったく懲りないプリンス狂のブログ。
聖書通読による効能。ボクの場合。

2017.04.05 | Books | comments(0) | 00:19 |

さて、みなさんこんばんわ。

月イチ更新になっているという体たらく。

誰が読むのか、誰が読むのか、銭形ー平次ー。みたいなみたいな。

 

実は3月30日に

とてもとても悲しい別れを経験し

未だ引きずっているのが本性なんだけど

明るく行きたいと思います。

落ち込んでばかりいても、よくないと思うので。

 

ということで、聖書です。

 

未だ読み続けています。なんとか。

途中本当に飽き飽きするようなところも多々あり

特に、「民数記」は、延々と人数数えてて退屈だったのであって

出てくる民族(?)の名前など覚えられるわけがないのであって

何を読んでるんだか、さっぱりわからんと。

そんな感じのところもなんとか切り抜けまして。

 

今は、あのモーセがいよいよ亡くなり(なんと享年120歳)

「申命記」が終わり、「ヨシュア記」に入ったばかり。

 

旧約聖書・新約聖書、合わせての全体から

まだ2割しか読んでいないというような始末だけれど

それでも自分的には頑張って読んでるつもりで

それなりに得るものはあったりするので、その話を。

 

 

続きを読む >>
本格的に聖書を読み始めました。

2017.02.26 | Books | comments(0) | 15:05 |

皆さん、こんにちわ。

先日まで読んでいたところの

図解のおまとめ聖書の本は読み終わりまして

いよいよ、本当の聖書を読み始めましたよ、と。

 

 

たったの99円でありますが

旧約聖書も、新約聖書も、聖書地図もあるお得版であります。

目次から細かく各章に飛ぶこともできるので、とても便利。

ルビもふってあるので助かります。

 

そんなこんなで、昨夜ようやく「創世記」まで読み終えまして。

 

 

続きを読む >>
聖書を読み始めたんだけどもね。

2017.02.18 | Books | comments(0) | 18:31 |

みなさん、こんばんわ。

おひさしプリンスの投稿であります。

 

最近読んでいる本がありまして

それがこれなんだけれども

 

 

聖書は大学の時に講義の中で触れたり

宗教勧誘のオネイサンから貰ったのを掻い摘んで読んだきりで

すっかり忘れポンチでしたし

キチンと読んだことないってことだな、こりゃと思ったので

読み始めたんだけど、これが面白くて。

 

 

続きを読む >>
不安や恐怖を克服することについて。

2013.10.26 | Books | comments(0) | 12:15 |
ysl2.jpg
(画像・イヴ・サン=ローラン)

春先に神経質症を発症させてから
ずっと思うようにならない自分に驚かせられながら
向き合うしか選択肢がないので向き合っている。

日々そうやって、生きている。

神経質症は、所謂ノイローゼ。

ノイローゼというのが具体的にどんなものかはわからなくても
なんかヤバイ状態になってる人のことだというのは
みんなわかると思う。

画像貼り付けたイヴ・サン=ローラン氏も
実に長い間、深刻なノイローゼ状態であったという。

同胞は匂いで感じる。みたいなとこかわかんないけど
顔見りゃ何となくわかるよね、というような気もしたり。
続きを読む >>
生き暮らすこと自体を愉しむというスタイル。

2013.01.28 | Books | comments(0) | 15:05 |
仕事が諸事情のため急遽休みになったのをいいことに
昨日借りてきた本を
どんどん気が向くままに読んだんだけども

その中の一つがこれ。


ほぼ1円の家―中古住宅ともったいないDIY術ほぼ1円の家―中古住宅ともったいないDIY術
(2009/01)
石倉 ヒロユキ

商品詳細を見る


そこまで期待せず借りてきたのか自分でもわかんないけど
予想外に面白くてびっくり。

読書記録の場として活用しているブクログでの
他の皆さんのレビューは辛口が多かったように思うけど
自分は猛烈に面白かったし、なんかすごく元気出た。
続きを読む >>
未来にぞっとしてワクワク。

2012.10.25 | Books | comments(0) | 06:38 |
小難しい哲学本だけ読むってのも
なかなか困難であることもあり

先日取り寄せたこの本も同時進行的に読んでいたりする。

ちょっとしたお目目汚し気分と言いましょうか。


マイノリティ・リポート―ディック作品集 (ハヤカワ文庫SF)マイノリティ・リポート―ディック作品集 (ハヤカワ文庫SF)
(1999/06)
フィリップ・K. ディック

商品詳細を見る


しかしこれ。

有名な映画であるところの
『マイノリティ・リポート』と『トータル・リコール』の
原作短編が載っている短編集で

その2本の映画は好きな映画というわけではないけど
非常に自分の未来へ思いを馳せる際の思考ベクトルに
多大なる影響を与えた作品で

その両方が、同じ人が原作だったとはしらなんだ。て話で。
続きを読む >>
アルジャーノンの幸せとボクらの幸せについて

2012.09.26 | Books | comments(0) | 23:45 |
昔々に

一世を風靡したというてもいいかもしれないところの
この本ですけれども

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)


様々な意見があるでしょうが

今回触れてみたいなと思うのは

『多くを知ることははたして必ずしも有効であるか?』という点です。

加えて

賢くなること、知識を蓄えることは
一般的に善き事とされているけれども
はたして、如何なる場合においても善き事と断言できるか?ということも併せて。
続きを読む >>
愛とか恋とか友情とか人生とか。

2010.12.23 | Books | comments(2) | 05:01 |
評価:
コメント:愛とか恋とか情とか人生とか。子供向けのようで甘くないのです。

また星の王子さまミュージアムに行く予定。
どんだけ好きなんだよ。て話ですが

ええ、ええ。大好きですとも。ってね。


小さなバラやウワバミや
キツネなんかの息吹を感じつつ
庭園で飲むペリエは格別なのです。



続きを読む >>
とおくはなれてそばにいて

2010.12.18 | Books | comments(2) | 01:33 |
評価:
村上 龍
コメント:どこまでも果てしなく村上龍で気持ち良かった。

さっきね。
つい、ほんのさっき。

長々と文章を散々綴って
投稿ボタンを押したら消えたのさ。全てが。

さあもう書く気になれるわけがないよね。ってね。


とにかくこの本を今読み始めましたよ。と。
そして恋愛短編集という話だったけど
案の定、普通の恋愛など一つもなくてとても気持ち良いよ。と。

デカダンスにまみれた洗練された文章を書かせたら
日本一やと思う。ほんと、この人はかっこいい。

そう言う話です。早い話。

ほんとはめちゃめちゃ無駄に濃かったんだけどな。
まあいいよ、人に見せるもんじゃないってことだという受け止め方で
軽く受け流すことにします。

なんしょ、村上龍は自分の救い。
自分の代弁者の一人。最高。やっぱり大好きだ。
いろんなことが、綺麗に片付く。

2010.08.30 | Books | comments(4) | 04:12 |
honey & honey

今までずっと無意識に
悪しきもの、良くないことだと
思っていたのに違いないことからくる
全てが、一気に解放された週末。

続きを読む >>
 
Profile
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Entries
Categories
Comments
Trackbacks
Archives
Links
Booklog
Counter

/
Favorites
Prince And The Revolution/Parade: Music From The Motion Picture Under The Cherry Moon プリシラ [AmazonDVDコレクション] ピアノ&ア・マイクロフォン 1983 Around the World in a Day ブラックパンサー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] Hitnrun Phase Two Hitnrun Phase One 4EVER プリンスの言葉 Words of Prince Art Official Age -Digi- Plectrum Electrum -Digi- Emancipation Prince Playlist: The Very Best of Bob Dylan Bob Dylan: Complete Columbia Albums Collection Rumours: 35th Anniversary Edition Vフォー・ヴェンデッタ [DVD] ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション 銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD] マグノリア<DTS EDITION> [DVD]
Others