Rave Un2 The Joy Fantastic ! 3.1

まったく懲りないプリンス狂のブログ。
<< 幼少時を振り返れば。〜ちょっと基本的な話〜 | main | お友達の欲しいものリストをボクが作るの巻。 >>
アイデンティティ確保のための他者とのコントラスト。

2016.09.20 | LGBT | comments(0) | 13:55 |

サイゼリヤのプリンがおいしいと

Twitterで言い続けておりましたところ

ちらほらとサイゼリヤのプリンチャレンジをしてくださる方がいて

 

どーもあれは

糖分の貴公子の名をほしいままにしているボクにとっては

この世のものとは思えないおいしさであるものの

甘さをそんなに強く求めない人にしてみたら

甘すぎるのらしいのであります。残念。

 

あんなに美味しいプリンはなかなかないと思うのに。

 

と、またどうでもいい話から入りましたが

 

えー、この度、ボクはハニーを失いました。

ええ、ええ。別れたのでございます。

それで大いに臥せっているのですけれども

 

つきましては

 

何故に臥せっているのか?ということを

書き綴ってみようかな、と。

 

 

まず、彼女がいなくなると

ボクがボクであるということが曖昧になります。

 

つまり、ボクを男であると強く思ってくれている人の不在により

ボクが男であるかどうかが曖昧になるということです。

 

この話を友人にしましたところ

 

自分が本当に男であるならば

認めてくれる人がいようがいまいが男じゃないのか?

君の「男である」というのはただの願望なのか?

 

と言うようなことを問われましたが

 

ボクの男であることが曖昧になるという話は

そういう次元の話ではありません。

 

例えば。

 

人というのは他者を通じて自己確認することで

アイデンティティを保っているものとされています。

つまり、ひとたび、周りの人たち全員から

「貴方のことは知りませんね」と家族も誰もかもから言われると

結構あっさりあっという間に、自分が誰なのかわからなくなり

自己を喪失するという実験の話があります。

 

人はみな、他者と自分との交流の如何によって

自分を「自分である」と定義できているってわけです。

 

ですから、ボクが言いたいことと

先の友人からの質問では次元が違うのだけれども

伝わりますでしょうか。

 

ボクがなんぼ「男だ」というても

他者に男扱いしてくれる人が一人もいない場合

ボクは男であるというアイデンティティを保つことが

非常に難しいことになるというこれは、もっともな話なのです。

 

それから

 

以前、noteというSNS(?)で

他者とのコントラストの話を綴りました。

そのノートと同じことを言わんとしてみると

 

人はみな、お父さんと呼んでくれる人がいてお父さんになり

先輩!と呼んでくれる人がいて先輩になり

先生!と呼んでくれる人がいて先生になるわけなんだけれども

 

それと同時に、例えば

 

お腹の大きい人がいたとして

そのそばに男性がいて仲良く会話しているのを見た場合

妊婦さんだな?と思った後に

その男性を「父親であろう」と見当をつけたりします。

 

実態は、ただ太っていただけであり

且つ、ただの友人だったりする・・・というようなケースもある。

 

小さな子供が女性と手を繋いで歩いていたら

これまた「お母さんと子供だな」と見当をつける。

 

実態は・・・わかんないですよね。

 

しかしながら、我々は

二人のコントラストによって役割の見当をつけたりします。

半ば決めつけてしまうことすらあるでしょう。

 

そこを踏まえて

 

ボクが一人で「男だ」というているより

ボクのそばに彼女がいて「男だ」と言うている方が

ずっと「男だ」の効力が増すってものです。

 

それではなにかい。

自分の自己確認のために恋人を欲するってのかい?

そんな邪な考え方で人を求めるなんてとんでもない!

 

言いたいことはごもっとも。

 

しかしながら、アイデンティティに関わることですから

それはとてもとても重大、且つ、重要なことです。

 

自分を自分であると示してくれる人

自分が自分であることを良しとしてくれる人に対し

ありがたい、愛しい、恋しい、という気持ちが芽生え

大事にしたい、楽しませたい、喜ばせたいと考えるようになり

相手を大切に扱うようになる・・・と

 

これが恋愛の本性ではないか?とすら思うのです。

 

 

恋愛だけに限らず

人はみな、そのようなことを無意識に全部踏まえて

人と人との関係性を定義し

自分の居場所、アイデンティティを保ち

また、他者のそれを確認しているはずなのです。

 

 

とまあ、そんな持論がありまして

それでこう、臥せって参っているわけです。

 

彼女を失うということは

自分を失うことと同義であり、甚だ辛い。

 

しかしながら、辛いけれども、自分で選んだことでもあります。

受け入れていくしかないし

自分のアイデンティティは自分で何とかするしかありません。

 

そう、人が軽々と言うて放つ

 

「自分は自分、男であると言ったら男である」と

強い心を持っていればなんてことないのではないか?

 

というこれであります。が。

 

そんな簡単に

強い心が持ててりゃ世話ない。のであります。

 

 

故にですね。

 

ボクという人間は女体であるけれども男である。

このことを、改めてしっかりと肝に銘じて

ボクのことを見てくださると幸いです。

接してくださると幸いです。

 

ボクは女体でありますし

その他もろもろ、ボロボロのところでありますが

男として、なかなかにいい男であるはず。と、思っています。

 

ただ自分で思うだけでは弱い。心許ない。故に

皆さんにもそう思ってもらえるように

 

今後も精進していきたいと思います。

 

 

 










http://www.mayte.org/trackback/1094494
 
Profile
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Entries
Categories
Comments
Trackbacks
Archives
Links
Booklog
Counter

/
Favorites
Prince And The Revolution/Parade: Music From The Motion Picture Under The Cherry Moon プリシラ [AmazonDVDコレクション] ピアノ&ア・マイクロフォン 1983 Around the World in a Day ブラックパンサー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] Hitnrun Phase Two Hitnrun Phase One 4EVER プリンスの言葉 Words of Prince Art Official Age -Digi- Plectrum Electrum -Digi- Emancipation Prince Playlist: The Very Best of Bob Dylan Bob Dylan: Complete Columbia Albums Collection Rumours: 35th Anniversary Edition Vフォー・ヴェンデッタ [DVD] ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション 銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD] マグノリア<DTS EDITION> [DVD]
Others