嫌なヤツにタゲられてる場合の対処法を考える。

Mental Health
スポンサーリンク

どうもどうも。こんばんわ。ボクです。

これは今に始まったことではないのですが
ボクは、会社でブチョーに目の敵にされています。
自分の頼み事があるときだけ、ニコニコ話しかけてきて頼んでくるのに
そうでない場合は、もうもう、理不尽のオンパレード。

まず、挨拶も返しません。
酷い時には、罠を仕掛けてまでして
怒ってきたりもします。

社長にあたかも、ボクが悪い事の元凶であると
言いくるめて、またこれ社長も一緒になって言ってきたり。

つい先日怒った酷いことはブログにも綴っております。

▶自分はどうしていいかわからなくなっている。
https://www.mayte.org/turning-point/

この後、思いもよらず、会社に税務署が入ることになり
それで社長も部長も、もう一人嫌いな会計事務所のSもテンヤワンヤ。
ボクをやめさせるどころではなくなって
自分たちのやっていたチョンボが明るみになって
税務署に猛烈に叱られて、追徴課税が来ることに。

4/5から2週間かけて、更に書類などを精査して
いくら税金を徴収するか、どのように処罰するかが決まるらしい。

ボクからしてみれば「これぞ神の御業!?」なんて思ったのだけど
ボクも経理をやってるもんだから
その色々が決定するまでは
ボクの日々の仕事が非常にやりにくくなっていて
迷惑を被りまくっているのでした。

んでもって、ブチョーは、それにかこつけて
あーでもないこーでもないと、いちゃもんを付けてくる日々。
同僚のKさんも「あんな言い方はないわ!(怒)」と怒ってくれるから
それで少し救われていたりもするのだけれど

あまりといえばあまりにも理不尽な言いがかりばかりであるため
怒りが収まらず、家に帰ってきて開口一番

あ゛ーーーーーーーーー!(怒)

と叫んでみたり、母に愚痴を聞いてもらったり
娘からもらった「愚痴のツボ」にわーわー言って蓋をしてみたり
あらゆる手段で発散を試みたけれど
怒りが覚めるどころか、増していくばかりだったので

あ、そうだ。聖書を読もう。

つって聖書をアチラコチラと読みまくりまして。

怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。悪魔にすきを与えてはなりません。エフェソの信徒への手紙4-26

悪い言葉を一切口にしてはなりません。ただ、聞く人に恵みが与えられるように、その人を創り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい。エフェソの信徒への手紙4-29

無慈悲、憤り、怒り、わめき、そしりなどすべてを、一切の悪意と一緒に捨てなさい。互いに親切にし、憐れみの心で接し、神がキリストに寄ってあなたがたを赦してくださったように、赦し合いなさい。エフェソの信徒への手紙4-31

愚かな者としてではなく、賢い者として、細かく気を配って歩みなさい。時を良く用いなさい。今は悪い時代なのです。エフェソの信徒への手紙5-15~16

まだまだいろいろ読んだけど、難しいっ!
あまりの理不尽と差別に怒り狂ってる時は、これらは難しいっ!

しかしね。ボクは思った。
映画「パッション」を見たばかりのボクは
イエス・キリストの磔刑のあの最悪最低最凶の有り様に比べたら
こんなものは、かすり傷であります。

とはいえ、毎日のことなんで、しんどい。正直、本当にしんどい。

こないだの木曜にはもう、怒りではなくて、恐怖に変わってしまって
号泣発作が出そうになってしまったため
そそと携帯している頓服(精神安定剤)を飲んで落ち着かせてみたりなどして
ボクの場合は、心持ちだけではどうにもならず
我慢やストレスがあまりに掛かると
身体のほうに支障が出てきてしまうもんだから
これは何か対策を練らねばと思いまして。

どんなにこちらが、聖書に書かれているように心がけたとしても
相手も現状も1mmも変わらないのが現実というもの。

それまでに病気を悪化させたり発作を大爆発させるわけにいかないので
ボクはもう、ブチョーをできるだけ無視することにしました。
それでも言うてくるのはもう、目を見ないで「はい」「はい」と言う。
言い分があっても、一切言うのをやめ、とにかくスルーしていく。
ブチョーがまるで透明人間かのように接する。決めました。
気を使うのも一切やめます。

あとはもう、神様に委ねる。

明日、日曜礼拝の日なので
礼拝後、少し残って、神様にお祈りをしてくるつもり。

何でもかんでも神様が何とかしてくれると思ってるわけじゃないけど
死んだばーちゃんも言ってた。

お天道様は見てる。

これです。聖書にもいっぱい書かれています。
良いものも、悪いものも、等しく、神は見ていると。

もしかしたら、ボクは、この会社を(自ら)辞めて
転職して、その転職先が安住の地になるかもわからんし
それも何もかんも含めて、神のみ心・・・という感じで委ねていこうと決めました。

あとね。そーゆー人たちはもう変わらないものとして
「自分はどうありたいか」という、このプライドの問題だよなと。

自分は、良き人間、出来うる限り正しき人間でありたいので
決して同じところに下がることはしない!と、この心ひとつ。
ばーちゃんが言っていたように、お天道様は見てるていうなら尚の事
その「自分はどうありたいか」ここに気持ちをフォーカスして
一緒になってワーワー言い合いなどしたりせず
確固とした自分をしっかりと背筋を伸ばして大切にしていく。

無駄な争いに巻き込もうとする罠にハマらないようにする。

そんな感じで、頑張ってこー。と思ったのでした。


最後まで読んでくださり、ありがとうございます!
良かったら、バナークリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました