Rave Un2 The Joy Fantastic ! 3.1

まったく懲りないプリンス狂のブログ。
髪を短く切りました。

09.23 | Beauty & Health | comments(0) | 17:05 |

ふふふふ。みなさんこんにちわ。

 

ずっとボブ・ディラン風の

カーリーヘアをトレードマークとしていたボクですが

 

なんとなくもう髪がうるさくて

切ってしまえー!という気になって

短くしてきました。

 

ボクの記憶の限りの

一番新しいショートヘアの記憶は

23歳のときでして

それ以来、ショートヘアというのにはしていませんので

四半世紀以上ぶりになります。

 

さっぱりしたよー。

すっきりしたよー。

 

 

続きを読む >>
心が健康な人と暮らしています。

09.10 | Colum or News | comments(0) | 21:56 |

どうもどうも。

こんばんわ。ボクです。

 

今日は「心が健康な人と暮らしている」という

ボクの話をしたいと思います。

 

まず、この「心が健康な人」というのは

うちの母のことであります。

 

母は、橋本病を患っていて

毎日薬も飲んでるし、月に一度は病院に行っていて

肉体的には病気の人なんだけれども

ちゃんと薬を飲んでいれば比較的元気で

我が家でのんびりと、やりたい時・やれる時・気が向いた時に

いろいろベランダで花の世話をしたり

唐突に金魚が飼いたいと言って聞かず

どーんと多量に買ってきて、愛でていたりの毎日で

 

本人曰く「なかなか幸せな毎日だなぁ」なのだそうで

 

そんな母を見ていると

あーなんてこの人は健康な心を持っているのだろうと

つくづく思うボクなのでした。

 

 

続きを読む >>
勤め始めて、もうすぐ半年になります。

08.25 | Colum or News | comments(0) | 23:43 |

どうもどうも、こんばんわ。ボクです。

 

今日、5回目の給料日でした。

今の会社に勤めるようになって半年にならんとしています。

 

思い返せば

会社に行こうとしたら

なかなかドアを出られず

無理に出ようとしたところ、卒倒してしまったことから始まり

 

動悸・息切れ・めまいに、異常な倦怠感等があり

総合病院にかかって

アレヤコレヤと検査をしてもらっても

重度の貧血であるというだけで

すべての症状が当てはまるとは思えず

基本的に、原因不明の感じで

それにしてもおかしいということで、心療内科にかかったのが

4年前の6月。

 

最初は、強迫神経症・神経質症と診断されて

なんやかんやで、まんまる4年経ったってこと。

 

4年の間にいろんなことがありました。

 

続きを読む >>
誕生日でした。

08.06 | Colum or News | comments(0) | 01:31 |

 

どうもどうも、こんばんわ。

昨日誕生日だったボクです。

 

オバマ前大統領は4日が誕生日らしくて

 

惜しいっ!

 

てなったりしてました。

 

続きを読む >>
Why You Wanna Treat Me So Bad?

07.26 | Prince | comments(0) | 14:57 |

 

切ないね。

 

 

 
Profile
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Entries
Categories
Comments
Trackbacks
Archives
Links
Booklog
Counter

/
Favorites
Hitnrun Phase Two Hitnrun Phase One 4EVER プリンスの言葉 Words of Prince Art Official Age -Digi- Plectrum Electrum -Digi- Emancipation Prince プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ HDニューマスター版 “ザ・サイン Playlist: The Very Best of Bob Dylan Bob Dylan: Complete Columbia Albums Collection Rumours: 35th Anniversary Edition Vフォー・ヴェンデッタ [DVD] ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション 銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD] マグノリア<DTS EDITION> [DVD]
Others